ソフトバンクエアーの利用料金について

ソフトバンクエアーの料金プランは、大きく2つあります。

Airターミナルという回線端末を購入するプランと、レンタルするプランです。さらに購入方法は一括と分割の2種類がありますが、分割を選ぶと36ヶ月契約すれば端末代は発生しません。一方で、一括購入すると初期費用が58、320円(2019年8月現在の税込み価格)必要となりますので、ソフトバンクエアーの大きな特徴をなる割安感が無くなってしまいます。

したがって、一般的なソフトバンクエアーの利用者は分割購入かレンタルのいずれかを選択する傾向があります。分割購入プランを利用すると、税別月額料金は4、880円となります。36ヶ月間解約しなければ、端末代を1円も負担する必要がありません。携帯電話の0円端末を同じような料金システムとなるので、家計にとって最も優しいプランと言えます。

問題になるのは、途中で解約した場合です。この場合、残債が問題となるので注意しなければなりません。2年以上の期間にわたってソフトバンクエアー利用したいというのであれば、基本的には分割購入プランがお勧めです。一方、レンタルプランについては4、880円の月額基本料金に、機種のレンタル料490円が加算されます。したがって、税別の月額料金は5、370円です。このプランを利用するメリットは、残債を気にする必要がない点です。ソフトバンクエアーを長期間にわたって利用するつもりはないという方の場合は、分割購入よりもレンタルプランの方が有利となります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *